HOME> 保育士試験を受ける方へ> 「令和3年」及び「令和4年」における
筆記試験合格科目免除の特例措置について

「令和3年」及び「令和4年」における
筆記試験合格科目免除の特例措置について

「令和2年保育士試験(前期)筆記試験」については、新型コロナウイルス感染症の影響により、全都道府県において中止となったことを踏まえ、令和3年から令和4年まで、特例措置として筆記試験合格科目免除についてを下記のとおりと致します。


「令和3年」試験における合格科目の免除について

(1)筆記試験合格科目免除期間
   
   通常の「平成31(令和元)年」・「令和2年」の合格科目免除に加えて、成30年」の合格科目を免除
   することができます。
(受験申請の際、一部科目合格通知書等のコピーを提出してください。勤務経
   験等の条件は不要です。)

(2)筆記試験合格科目免除期間延長制度

  ①「平成29年」の合格科目を免除することができます。
   ※ 対象施設において、平成29年4月から令和3年3月までの期間で「1年以上かつ1,440時間以上」の
         勤務経験が必要になります。(受験申請の際、所定の「合格科目免除期間延長申請用勤務証明書」
       (受験申請の手引きに同封)を提出してください。)

  ②「平成28年」の合格科目を免除することができます。
   ※ 対象施設において、平成28年4月から令和3年3月までの期間で「2年以上かつ2,880時間以上」の
         勤務経験が必要になります。(受験申請の際、所定の「合格科目免除期間延長申請用勤務証明書」
       (受験申請の手引きに同封)を提出してください。)


「令和4年」試験における合格科目の免除について

(1)筆記試験合格科目免除期間

   通常の「令和2年」・「令和3年」の合格科目免除に加えて、「平成31(令和元)年」の合格科目を免除
   
することができます。(受験申請の際、一部科目合格通知書等のコピーを提出してください。勤務経
   験等の条件は不要です。)

(2)筆記試験合格科目免除期間延長制度

  ①「平成30年」の合格科目を免除することができます。
   ※ 対象施設において、平成30年4月から令和4年3月までの期間で「1年以上かつ1,440時間以上」の
         勤務経験が必要になります。(受験申請の際、所定の「合格科目免除期間延長申請用勤務証明書」
       (受験申請の手引きに同封)を提出してください。)

  ②「平成29年」の合格科目を免除することができます。
   ※ 対象施設において、平成29年4月から令和4年3月までの期間で「2年以上かつ2,880時間以上」の
         勤務経験が必要になります。(受験申請の際、所定の「合格科目免除期間延長申請用勤務証明書」
       (受験申請の手引きに同封)を提出してください。)


 

参考:従来の合格科目免除期間について  

合格した試験科目は、合格した年を含めて3年間免除されます。
本来であれば、令和3年試験の場合、「平成31(令和元)年」・「令和2年」の合格科目が免除となります。

筆記試験合格科目免除期間延長制度についてはこちら
本来であれば、令和3年試験の場合、「平成29年」・「平成30年」の合格科目が対象となります。


 
 

保育士試験に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 0120-4194-82

Eメールでのお問い合わせ
shiken@hoyokyo.or.jp

※1 受験申請期間およびその前後はすぐにお返事できない場合が
 ございます。 お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。

 

※2 セキュリティの都合により、ファイルが添付されたメールの確認
  は致しかねます。やむを得ない事情によりファイルの添付を希望
  する場合は、事前にご連絡ください。

保育士試験事務センター(祝日を除く月曜日~金曜日9:30~17:30)

電話受付時間

オペレータによる電話受付は、祝日を除く月曜日~金曜日9:30~17:30までです。それ以外の時間帯は、自動音声のみのご案内となります。※お電話がつながりにくい場合は時間をおいておかけ直しください。

電話受付の際のご注意事項

IP電話からはつながりませんので一般加入電話・携帯電話などをご利用ください。
または保育士試験事務センター・代表電話03-3590-5561までご照会ください。

ページトップへ


保育士試験を受ける方へ


〒171-8536 東京都豊島区高田3-19-10